スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイタイロボット その2

大分間が開いてしまいましたが前回の続きです。
34完成黒4
武器にも緑を入れていきましたが、腰の刀の鞘がどうしても嵌らなかったため、ラピーテープで巻きつけて補強。
11緑入れ
作者さんの武器の色は黄色でしたが個人的な好みでこちらも緑に。
12バッグ仕込み
キャリーケースも伸ばしすぎると取っ手が取れてしまい、かといって接着するのももったいないギミックだったので針金を通してストッパーを作ったり。正直誰も気にしませんがこういうところを作りこむのが好きなので個人的には満足。
○髪の毛
13ツートン
せっかくなのでグラデーションにしてみようと意気込むも、吹きすぎてマスキングを境目に見事なツートンカラーに。
薄め液を使ってほどほどに落として調整するもあまり満足できず。今後の課題ですね。
14マスキング
前髪などの毛先は失敗を踏まえて慎重に行ったので幾分満足な出来に。
15組つけ
後ろ髪を束ねて接着し、マスクと干渉しないように調整。
16組付け2
正面から見た図。この作業の後作者さんの動画を見たら組み方の順番が違ってましたが結果オーライ。
17デカール1
作者さんより購入特典としてデカールをいただいていたのですが、見本にあるデカールパターンは購入していなかったので適当に店でワゴンセールになっていたダンボール戦機のデカールを購入。
18デカール2
水転写デカールは以前ミクさんのときに失敗してから軽くトラウマでしたが再度チャレンジ。
最初はいい感じに貼れていたと思っていたのですが、しばらくするとペリペリとはがれてしまったので接着剤で止める力技に出ました。塗装で文字を書くよりもずっと楽なのでどうにか覚えたいものなのですがね。
19.jpg
おおよそ完成した状態。背面を黒にしたり白にしたりして、雰囲気の違いを楽しみました。髪の重さにより絶妙なバランスで自立できています。
20仮置き1
26仮置き白5
○台座
このままでも十分見栄えがして満足でしたが、自立補助と雰囲気が出るので以前ろいかさんフィギュアを作った時同様に台座を作ってみようという気になったのでそのまま続行。
27台座1
公式サイトのロゴを拡大して縮尺を取り、定規を使い記入というなんともアナログな方法。
28台座2
とりあえず家にあった黒系の色をと思い、缶スプレーからガンメタリックを選択。後は即興で取っ手を作成し
29台座3
庭先でシューシューと吹いた結果。塗装ブースも最近全く使わなかったのでダクトが経年劣化で割れてしまいました。
後はマスキング部分のロゴを白で筆塗りし軸を足に打って完成!足が細いので念のため4本軸打ちしました。

○完成写真と自分設定
41式試作型-シア-Ver.As No23
非侵襲式自律型致死兵器「DTR」
僻地へ配置されたダイタイロボットのため組織立った補給を受けることが出来ず、各部独自の補修・改修が行われているが基本的な性能が高いため、同型機と大きな差異は無い。
No23は製造番号であり、全部で30体が生産されたとの事だが、一説には44体生産されたとも言われている。
36完成白1
37完成白2
前回書き忘れましたがストッキングも艶出しトップコートが吹いてあります。写真だとほとんど分からないですね。
38完成白3
39完成白4
40完成白5
41完成白6
44完成白9
45完成白10
当日ブースでいただいたリーフレットを背景にしたり。
31完成黒2
35完成黒5

42完成白7
瞳はグリーンにして、目元もオリジナルと少し変更してあります。
43完成白8
どの角度から見ても情報が詰まっていて見ていて飽きませんね。素晴らしい造形をしていただいた作者さんに感謝です!

参考:ダイタイロボットHP

コメント

非公開コメント

プロフィール

穂狩末人

Author:穂狩末人
のらりくらりと日々をすごしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。