スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヱヴァと岡崎

先日、岡崎城で開催されていた「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に行ってきました。
130127a.jpg
以前岡山で開催されていた時に気になっていたので、近くで開催されて歓喜。
エヴァに登場する武器を実際に刀匠が作成するという、非常にワクワクする企画です。
岡山城
開催日初日でも最終日でもなかったのですが、休日ということもあってか展示場所まで40分ほどの行列ができており、常設展示に向かう方々は「何でこんなに人がいるんだ」と不思議がっておりました。
博物館にしては珍しく、一部を除いて撮影OKだったので驚きました。最初の看板と城だけ撮るつもりだったので…

130127d.jpg
行列の先には初号機がお出迎え。
130127e.jpg
孫六という銘の刀。素人の自分が見てもずっと見続けたくなる魅力がありました。
混雑のため立ち止まれなかったのは非常に残念ですね。
知り合いによると刃の文様や波打ち、刃先にも色々種類があるとのことで、大変勉強になりました。
130127g.jpg
綾波とコラボしている刀。刃にはロンギヌスの槍をかたどった龍が彫られていました。
130127f.jpg
カウンターソードという武器を再現した刀。グリップ部分がブラックハーツに通じるものがあり、製作の参考になります。

別の場所にはロンギヌスの槍とエヴァについての資料が集められていました。
130127c.jpg
ロンギヌスの槍。長さは3.3m、重さが22kg。複数の金属をあわせて作成されたそうで、ダマスカス鋼のように木目調の表面が美しかったです。
カメラに収めるにはこの角度しか入らないくらいの迫力でした。

その後は岡崎城の資料館に入り浸って帰ってきましたが、博物館や美術館に行くたびに歴史をもっと詳しく知っておけばより楽しいのだろうなあといつも後悔しております。

ともあれ色々と楽しむことができ、やる気を得た一日でした。

コメント

非公開コメント

プロフィール

穂狩末人

Author:穂狩末人
のらりくらりと日々をすごしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。